腹黒メガネのガールズバー訪問記

夜な夜なガールズバーを放浪しながら実際の体験談をまとめてレビューするブログ。ガールズバーとは何するところなの?ぼったくりとか大丈夫?アフターやれるの?おすすめ店はどこなの?ってかそもそも楽しいの?などなど少しでもみなさまの参考になれば幸いです( ゚Д゚)ノ


腹黒メガネのガールズバー訪問記

日本橋浜町を嗜む

チンチンオブジョイトイ!

 

どうも、夜の黒船来航しました。

馬の耳に念仏、俺のケツにトング。

 

身体には穴という穴がありますが、飲みの穴場を見つけるのは大変です。

特に集団で飲む時は絶対王者の新宿を場所として選びがちですが、忖度不必要な人数では場所など考える必要がないと思っております。

何故か?

どこで飲むかより誰と飲むか、それが大事だからです。

ええ、この言葉を差し込みたかっただけです。

 

【日本橋 逢鳥】

 

失礼な話ですが、全くもって降りたことがない駅です。

降りたことがないということは、知らない街ということに他ならないわけでして。

イメージではオフィス街という一言以外思いつかないのですが、

降りてみたところ、案の定オフィス街でした。

お店が目立たなさすぎて歩いて探すこと10分。

見つけた所は地下鉄の出口の目の前。

灯台もと暗しとは正にこの事。

 

中に入ってみるとなんともシャレオツな内装。

店内に桜まで咲いています。

カウンター席に案内されて周りを見渡すと、

カップル2組に1人で官能小説を読んでいる野郎が1人。

デートでも接待でも使えそうなお店でありながら、

客層は絶妙にカオス。

 

『とりあえず生で!』

 

なんとも卑猥な注文から始まり、サラダや名物っぽい焼き鳥盛り合わせをチョイス。

雰囲気に負けて謎のアヒージョも。

 

盛り合わせはレバーや砂肝といった『THE おっちゃん』の食材を選んだわけですが、

これまた美味い!!!

 

隠れ家とはまさにこういうお店のことを言うのでしょう。

大通り沿いはチェーン店しかないこの街。

やはりどの場所にも名店は存在するものですね。

 

名店を見つけたところで目的は果たしました。

あとはおっさん2人で恋バナして終わりましたとさ。

 

オチですか?ありません。

 

 


Share opinions

*

*


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

You may use these HTML tags and attributes to empatize your opinion:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>