腹黒メガネのガールズバー訪問記

夜な夜なガールズバーを放浪しながら実際の体験談をまとめてレビューするブログ。ガールズバーとは何するところなの?ぼったくりとか大丈夫?アフターやれるの?おすすめ店はどこなの?ってかそもそも楽しいの?などなど少しでもみなさまの参考になれば幸いです( ゚Д゚)ノ


腹黒メガネのガールズバー訪問記

品川メンズエステ【kokua】

顔出しをしないお店が当たり前のこの世の中。

そんな時代と逆行しているお店をハケーーーンwwww

 

品川メンズエステ【kokua】

 

丸出しです。とにかく丸出し。

ここまでオープンハウスだと逆に怪しい。

怪しいと思った時こそイクのがカリ将軍。

将軍はいかなる時も退いてはならないのです。

こんな怪しいお店は一番高いコースを選ぶに限る!

 

ストレッチコース120分20,000円

 

これ風俗だったら割と質の良いお店ありまっせ。

それでも風俗なんてのは結果が丸見え。

結果が分かっているほどつまらん遊びはないのです。

 

品川の港南口を出てぴゅーっとエレベーターを下り、そのまま真っ直ぐ。

とてつもなく分かりにくい路地を右に曲がったところにある一軒家。

 

『いらっしゃいませー♡』

 

 

 

パイ乙カイデーじゃないですか。

健全装っても衣装はスケベですな。

受付嬢からこれでは先が思いやられます。

会計を済ませて高そうなイスに座って待機。

受付嬢が受話器を持ってTEL ME WHY。

なるほど、待機している嬢を呼ぶシステムね。

 

2分後に右の扉がオープンテラス!!

 

『はじめまして♪今日はよろしくお願いします♡』

 

 

 

 

 

 

 

 

オパンツオパンツ!オパン2パンパン!!!!

 

見せパンだかなんだか分かりませんがあまりに卑猥ですな。

衣装だけでおじさんをたぶらかすとは。。

 

手を繋いで部屋までご案内。

 

隣の部屋と兼用のトリッキーなシャワールームで全身をくまなく洗う。

 

ストレッチコースということで先ずは揉み解し。

 

うむ、上手い!

身体と意思だけはカタイ私ですが、身も心もほぐれていくのが分かります。

自力じゃできない体勢に四苦八苦しながらも快感を覚える私。

するとここでカエル脚に。

 

そこで何故かパウダーを振りかける嬢。

 

サラ!サラ!!

 

私のムッチリした太ももが白い粉にまみれていく。

粉にまみれた私の太ももを両脚でロックし、嬢がサワサワ。

 

 

 

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

ベイビーパウダーとはこんな感触なのか。

ベイビーボーイ、私はここにいるよ。

パウダーに悶えれば悶えるほど嬢のパイ乙に当たる私の身体。

動くも天国、動かぬも天国。

ストレッチコースが一番高い理由はココにあったか。

体勢を変えてアグラをかいてクッションを抱きしめるよう指示を受ける。

するとそこに覆いかぶさってくる嬢。

 

イタイタイタイタイ!!!!!!

 

が、パイ乙キモティー!!!!!!!!!!

 

もやはソフトSMですね。施術に隙がありません。

 

仰向けになってからもストレッチは続く。

明らかなプロレス技に悶えながらも、全ての施術において当たるパイ乙。

畳み掛けるように耳元で囁く嬢。

 

『ウフフ、気持ちいいですか??』

 

「は、はい、気持ちいいでやんす。。」

 

嬢の片腕で私の片腕を引き伸ばし、嬢のもう片方の手の指先で私のビーチクをコーリコリ。

 

(・_・)

 

下の筋肉が固まっていく私。

 

「すいません、下の筋肉もほぐしてもらっていいですか??」

 

 

『ふふふ♡』

 

 

 

「いえ、あのですね、下の筋肉も。。。」

 

 

『…はい、お時間です!お疲れ様でーす♡』

 

 

 

 

エキセントチッツ!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきり立った息子を見下しながらパウダーを流す。

苦い思い出だけは洗い残したままだ。


Share opinions

*

*


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

You may use these HTML tags and attributes to empatize your opinion:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>