腹黒メガネのガールズバー訪問記

夜な夜なガールズバーを放浪しながら実際の体験談をまとめてレビューするブログ。ガールズバーとは何するところなの?ぼったくりとか大丈夫?アフターやれるの?おすすめ店はどこなの?ってかそもそも楽しいの?などなど少しでもみなさまの参考になれば幸いです( ゚Д゚)ノ


腹黒メガネのガールズバー訪問記

歌舞伎町ガールズバー【乙女ハウス】訪問記

お久しブリーフ。昭和の爆睡王、腹黒メガネやで!!

傷と性器は舐め合った方がいい。

お久しすぎてギャグも尿もキレが悪い。

このところはガールズバーには無縁状態で、わしが放浪しとる間にこのブログも内容がすっかりグルメに。

というか、ただのプライベートの切り売りみたいになっとる。

そう、人とはブレる生き物なのです。

先日たまたまガールズバーに行く機会があったのでその時の絶望エピソードを。

 

歌舞伎町で会社の人たちと閉店ガラガラになるまでグイグイヨシコイ。

ところが時間というものは残酷で、今日がどんな日であれ同じペースで明日という日はやってくる。

そう、思いのほか酔っ払っていたわしは時間の感覚を失っていたんや。

翌朝悔やみきれない失態を招くこととなる。

 

思いのほか帰った人が多かったこともあり、いつのまにやらパイセンと2人。

悪乗りスイッチが発動してしまい、止せばいいものを呼び込みの姉ちゃんに絡む。

姉ちゃんというか自称アイドルか。。

飲み屋が集まっている見覚えのあるビルへ。

そして導かれた店がこちら。

 

アイドルカフェ&バー 乙女ハウス

 

わしが知っとるガールズバーやない。

これが噂に聞くアイドルカフェか。

酔ってはいるものの既に帰りたい気分になってるわしやが、もはや引くに引けない状態。

とりまドリンクを頂戴してカンパイ。

ここで普段通り会話を散らかしに入ろうとするが、どうもいつもと雰囲気が違う。

そう、相手はアイドルなのだ。

アイドルは下ネタを言わないの一点張りで、キャラを必死に守る。

会話も極めて清楚な方に持っていこうとするアイドル達。

しかし日付が変わろうとするくらいのこの時間で、清楚な話なんぞ出来るわけがない。

生き地獄に耐えられなくなったわしは、ごねるアイドル達を強引に振り切り1時間経たないままチェック。

 

お店を出た後エレベーターまで送ってくれるアイドル達。

どうやらお店を出るとアイドルからは解放されるらしい。

あれだけ下ネタを頑なに拒否していた奴らが「ア○ル」や「ファ○ク」を連呼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルかアイドルじゃないかは関係ない。

人は常に演じているのかもしれん。

アイドルと別れたわしらは積もる話(何を話したかは全く覚えとらん)をハシゴ酒とともに繰り広げ帰宅。

寝ずにワーシャー浴びて電車に乗るか軽く寝るか迷っている間に意識不明。

目が覚めた時は10時過ぎ。

 

 

 

 

 

 

 

遅刻する旨を会社全体LINEに送らざるを得ないという恥を曝したわし。

調子に乗るのは休みの前の日だけにしようと決心した忘れられない一日となった。


Share opinions

*

*


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

You may use these HTML tags and attributes to empatize your opinion:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>